FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月19日 ボニーが旅立ちました

10月19日 午前8時41分

真っ青な雲ひとつない穏やかな秋晴れの日。

ボニーがとうとうあちらの世界に旅立ちました。

享年14歳と9ヶ月と18日。5405日の生涯でした。
P1010020_convert_20141020214917.jpg
ぼにたん、たくさんの幸せな時間をありがとう。
そして、滅多に無い夫婦揃っての休みに亡くなるなんて、きっとその日を選んだんだよね。
やっぱりぼにたんは賢いよ。自慢の長女だよ。

HI370008_convert_20141020214646.jpg

いつそのときが来てもおかしくない、とはずっと言われてましたから、覚悟はしてたはず。
でも体の一部を失ったような、現実感のない感じが続いてます。
ブログの右にあるバースデーカウンターの止め方がわからない・・・

(追記には亡くなった時の様子が書きとめてありますので、閲覧は自己責任でお願いします。)
歳を重ねるごと増えた病名は甲状腺機能低下症にはじまり僧帽弁閉鎖不全、気管虚脱、腎機能も落ちてきていると言われ、先日からは三半規管の炎症のため抗生物質を飲んでました。
それでも穏やかに毎日クッションに陣取り、ごはんはモリモリ食べてくれる姿は私たち夫婦のかけがえのない存在でした。

パパがあげた18日の夕方のごはんは少し残したそうです。
深夜に私が帰宅すると立ち上がったりはするものの息が荒く、いつもとは違う様子。
19日午前に病院に行く予定だったのでいつもと違う咳の様子を先生に報告するため、何本か動画を撮影しましたが、奇しくも生前の唯一の動画になってしまいました。。。
呼び声にも反応を見せていましたが、不安そうに泣き声をあげるのでずっと抱っこしたまま夜が明け、少しの悲鳴とちょっぴりの吐血、痙攣ののち、私の膝の上で最後の時を迎えました。
ありがとう、ずっと一緒だよ、怖いことないよ、と同じことをずっと言い聞かせてました。

亡くなったことを電話で病院に連絡すると、やはり心臓の発作だったのではないか、と言われました。
それでも何日も苦しまなかったのだし大往生じゃないかな、とも。

夫婦揃っての休みだったので、すぐに葬儀社に連絡し、午後のいちばん最後の火葬を予約しました。
ちょうど最近買ったブーツが入っていた白くてきれいな箱にボニーの座布団といつも使っていたクッションのカバーを入れて寝かし、クライドとお揃いのバスタオルを掛けました。
寂しくないように私の髪をひと房切ってそれも一緒に入れました。

ボニーはパパに預けて遺影の写真をプリントしてもらいに行き、帰宅すると硬直が始まってました。
もう何年もお散歩らしいお散歩は出来なかったし、座ってばかりだったから筋肉も落ちてると思ってたのに、私が思ってたより随分体はしっかりしてたんだね。なんだか嬉しくなりました。

いつものフードと、大好きだったアキレス、食欲が落ちた時の味方だったチーズスフレ、大好きなのにあんまりたくさん貰えなかったカマンベールクリームの入ったパンを用意して、葬儀社へ向かいました。

私たちの希望で仏教式の読経はなしで。
棺に花に囲まれて入っているぼにたんは今にも目を覚ましそう。
サービスのお耳のリボンはパパが選びました。

1時間もかからずに小さなお骨になったぼにたん。
でもお顔はすぐにぼにたんってわかる大きなお目目で、骨になってもかわいいなぁ、って感心しました。
夫婦ふたりでひとつづつ拾って骨壷に納めて来た道をまた一緒に帰宅しました。

今、リビングのいちばんよく見えるところにボニーは居ます。
お目目がしっかり見えてた頃の満点の笑顔の写真も一緒に飾りました。
これからもずっとずっと一緒です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ボニたんらしい写真です。

追記はまだ読めませんでした。

Re: No title

はるちゃんのおねえさんへ

白内障になる直前の写真です。
ひまわりのような子でした。

はるちゃんも、みんなも、天国で歓迎してくれるといいんだけど。
まさか出会いがしらに吠えたり、固まったりは・・・もうしないと信じたいです。
先輩がた、私が迎えに行くまでボニーをよろしく!

No title

ぼにー

虹の橋をわたるときまで
おとうさんとおかあさんと一緒にいれて幸せでしたね

一度しか会ったことがなかったけど
たくさんのうれしいが伝わってきていました

来世でもみんなに会えるよう
お祈りいたします。

Re: No title

らむちゃんのおとぅさんへ

お返事遅くなりごめんなさい。

ボニー、きっとみなさんに覚えていて頂けていること、喜んでいると思います。

今でもきっと一緒に居るのだと思うのですよ。

たまに足元にサワサワした感触を感じるのは、きっともう、体もどこも都合が悪くなくなって・・・
みんなと一緒に居るのが自然だからここに居てくれているのだと思っています。
でも、ご飯の時間とかトイレの掃除の時にやっぱり寂しいです。
プロフィール
1999.3.29生まれの爺ちゃんチワワ、クライド(2015.04.03永眠)と2000.1.1生まれの婆ちゃんチワワ、ボニー(2014.10.19永眠)、生年月日不詳のmix猫のモナコおばさん、ベガスおじちゃん(2015.06.22家出)、2012.3.25生まれのどんくさいイタグレお嬢ルーナと、16歳年上の旦那様と暮らしてます。独立目指して料理人修行中。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
55047位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
1843位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ。
現在の閲覧者数:
これまでのお客様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。