FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月27日 バーテンダー協会全国大会in新潟

岩の原ワイナリーを後にした一行は、新潟市のANAクラウンプラザホテルへ。
年一度、全国のバーテンダーが集結する全国大会を見に行きます。
恐れ多くもバーテンダー協会の末席に籍を置くniya*としては、初めて見るコンクールに興味津々。

CA3F0085_convert_20120529161522.jpg

会場に入ると、ものすごい人!!!バーテンダーってこんなに居たんですね(失礼)。

CA3F0090_convert_20120529161704.jpg

4人一組で粛々と審査が進行します。
各支部の予選を通過した全国トップクラスのバーテンダーたちの演技は、とっても見ごたえがありました。

CA3F0088_convert_20120529161620.jpg

大きいモニターでアップの映像も流れるんですが、大会慣れしてる人はさすがに堂々としてます。中にはこちらが緊張するほど手が震えてる人もいましたが、そんな人ほど応援したくなるんですよね~。
そして、規定の5杯を作り終わると、さすが!一糸乱れぬ仕上がり。この人たち、中にロボットが入ってるんじゃなかろうか?って位、お酒の量からグラスの飾りまでぴったり同じカクテルが5杯ですよ!!!
こんな域にたどり着く日が来るとはとても思えないけど、良い刺激になりました~~!!

出来上がったフルーツカット(こちらは別室で非公開で行われる)とカクテルがロビーに展示されているので、参考になりそうな、つまり、飾りの作り方がなんとなく分かるものだけ(汗)写真を撮らせて頂く。

繧ォ繧ッ繝・Ν_convert_20120529162222

こちらは、会場でお目にかかったバーテンダー協会の大先輩たち。

CA3F0098_convert_20120529211155.jpg

なんと、銀座の第1期バーテンダー!!だそうで。今も矍鑠としてらして、こんな年の取り方したいな~って思いました。

フレア(ボトルを投げたりしてカクテルを作るアレ)の大会も興味あったんですが、人の壁が厚くてこれっぽっちも見えなかったのがちょっと残念でした。
バスツアーの皆さんはここで帰路につくので、我が家夫婦はここでお別れして新潟を満喫して帰ります。
スポンサーサイト

5月27日 バーテンダー協会「大人の遠足」in新潟

恒例行事となっているお酒にまつわる場所を訪ねるバスツアー。
今回はまず、新潟県の岩の原ワイナリー。

CA3F0082_convert_20120529161403.jpg

こちらは「日本ワインの父」と言われる川上善兵衛が興した日本のワイナリーの中でも屈指の歴史をもつワイナリー。

CA3F0077_convert_20120529161141.jpg

石造りの貯蔵庫は現存する日本最古のものだそうで、今でも現役で活躍中。

CA3F0078_convert_20120529161241.jpg

ひんやりとした内部は、たくさんのワイン達が静かに眠っている。

熟成に適した温度を保つため半地下に作られているのだけど、それでも真夏には気温が上がってしまう。
エアコンの無い往時は、この蔵からトンネルで繋がった氷室に冬の間に雪を溜め、冬にはその冷気を引き入れて温度管理をしていたと聞き、先人の知恵に感動。

そして、平成になってからかつての氷室を復活させたとのこと!
CA3F0079_convert_20120529161301.jpg

こちらが氷室の内部。雪がぎっしり詰まってます。
晴天の汗ばむような陽気だったため薄着して出かけたniya*はもう凍えそうでした・・・
現代の氷室は別棟に冬の間除雪した雪が溜めてあり、夏には少しずつシャワーで溶かした雪に空気を循環させているパイプを触れさせることで、先程の石蔵を冷やしているのだとか。
まさに新旧の技術の融合ですね。

一通り説明を聞いてから、資料館へ。

CA3F0080_convert_20120529161321.jpg

貴重な写真や当時の出勤シフト表など珍しい資料から

CA3F0081_convert_20120529161340.jpg

当時実際に使われていた道具の数々。
まるで、汗を流しながらワイン造りに励んでいる職人さんの息遣いが聞こえてきそうな・・・
よく使われる言い回しかと思いますが、「圧倒的な存在感」を感じます。

これだから見学ツアーはやめられません。酒屋さんに行けば無数に並んでいるお酒の数だけ、歴史もエピソードも、流された汗も、時には眠れないほどの苦悩もあったのでしょう。それをほんの少しだけでも垣間見れる、分かったつもりになるのはおこがましいけど、本当に素敵な体験です。

さて、お楽しみの試飲ももちろんさせていただきましたよ。

CA3F0083_convert_20120529161441.jpg

色をよく観察するために大抵の試飲では白い紙がランチョンマットよろしく敷いてあるのですが、「日本バーテンダー協会北陸支部」って書いてあったのが憎い演出です。ちょっと特別扱いされてる感がたまらないです。

川上善兵衛が作出した「マスカットベリーA}を使った「深雪花」からロゼと赤、そして、岩の原ワイナリーの最高級ワイン「ヘリテイジ2010」。

ロゼは甘口、という印象が強い中、すっきりした辛口で酸味と果実味のバランスも素晴らしい。とっても可愛い桜色でこれからの季節、しっかり冷やしてお休みの午後に本でも片手にゆっくり楽しみたい。お料理との相性も幅広く、白身ならお刺身も合いそうです。お肉なら冷しゃぶとか、蒸し鶏のサラダとか白っぽいさっぱりした料理が良いと思いました。試してないけど、多分キュウリのサラダとか超!おすすめ。

赤は打って変わってしっとりとした舌触りと、ベリーやお花のような華やかな香りで、誰もが「赤ワイン」と聞いて思い浮かぶ味。国産のワインもここまで来たのか・・・と思いました。
穏やかではありますがタンニンもしっかりしていて、重めのお肉と合わせても遜色ないでしょう。
初心者から、ワインを飲みなれた層まで色々な方に楽しんで頂けそうです。

ヘリテイジ・・・これは、もう本当に・・・
ブラインドテストで国産だと思う人少ないんじゃないかな・・・?
重厚で、キレもあって、最初はちょっと樽くさい(笑・ちょっと苦手な香りなんです)のですが、グラスに注いだ瞬間からどんどん香りも味も開いて行って、試飲後のちょっと早い昼食でバーベキューを頂く際には完全にサシのしっかりしたお肉にも寄り添うワインになっていました。
とろりとした滑らかさとグラスを動かす度に立ち上る香りは本当にうっとりします。あとは・・・もう少しお値段がこなれてくれたらなぁ・・・
同行したnessieなんて「俺、もうこれだけで良いわ。」とか言ってました。こんなの毎日飲まれたらうちはすぐに破産しちゃいますよ。

CA3F0084_convert_20120529161502.jpg

それと、ホワイトブランデーも試飲させていただきました。
種類で言えばグラッパとかマールに当たるのかな?
正直、その種類はなかなかアルコール臭がきついものも多いのですが、こちらは爽やかな香りで40度の度数を感じさせない仕上がり。
こんなの寝酒にちょびっと飲んでベッドに入れたら優雅だろうなーーーーー。
まずい。自宅の酒コレクションに加えたいものがまた増えてしまった(汗)
プロフィール
1999.3.29生まれの爺ちゃんチワワ、クライド(2015.04.03永眠)と2000.1.1生まれの婆ちゃんチワワ、ボニー(2014.10.19永眠)、生年月日不詳のmix猫のモナコおばさん、ベガスおじちゃん(2015.06.22家出)、2012.3.25生まれのどんくさいイタグレお嬢ルーナと、16歳年上の旦那様と暮らしてます。独立目指して料理人修行中。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
17028位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
675位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ。
現在の閲覧者数:
これまでのお客様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。