FC2ブログ

7月19日 カラフルプチトマトのマリネ

毎日うだるような暑さで、ちょっと夏ばて気味のniya*です。

先日、クエルクスに出入りの八百屋さんから、色々なカラーのプチトマトが入った商品をご提案いただきました。
トマト特有の青臭さも少なくて使いやすいトマトでした。

で、湯剥きしてマリネに仕立ててみた。

CA3F01710001_convert_20120719151620.jpg
かわいい~!!
縁日の水風船みたい

ランチのおかずプレートに色違いで並べるとこれまたかわいい。

CA3F01720001_convert_20120719151707.jpg
この日は、自家製スモークチキンのとうもろこしとマンゴーのサルサ、プチトマトマリネ、タラモサラダ、ガスパチョ、グリーンサラダ、パン。

これにパスタがついて、なんと900円です!(CM)

暑がり、と言えば、我が家の動物の中でダントツの毛深さを誇るベガスさんも暑そうです。。
CA3F01740001_convert_20120719151755.jpg
「だ~る~い~。。。」

危機感も何も感じない格好で寝ます・・・あんたは休日のお父さんかっ(笑)

↓良ければポチっとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

7月2日 リンク追加しました。

ランチを始めたのをきっかけに、お店のブログも始めてみました。
今日のランチメニューが分かるようになってます。

「Bar&Restauraut Quercus」
↑こちらからも行けますし、右のプラグインにもリンク追加してあります。

よろしければたまに覗いてやって下さい(^^)

2月3日 新メニュー開始♪

niya*がシェフをしている「クエルクス」ホットペッパーのページに飛びます。
一足早い春のおすすめメニューが登場しました。

CA3F0129_20120216114059.jpg
「かにパイ」

富山の冬の名物、ズワイガニとたっぷりのカニ味噌をアメリケーヌソースと合わせてパイに乗っけました。
下の緑のソースは甘ーい寒締めほうれんそうのピュレ。
パイが濃厚な分、ピュレには油分を使ってないのでさっぱりと頂けます。

CA3F0128.jpg

「野菜たっぷりボルシチ」

子供の頃、最初に訪れた外国はソビエト連邦でした。
様々なカルチャーショックと共に、食糧難と言われていた時代にも関わらず色とりどりのどれも手間の掛かった美味しい料理の数々に感動した小学5年生のniya*。
そんなこんなでロシア料理にはかなり思い入れがあり・・・ずっと暖めてきた企画です。

富山とロシアはかなり経済的にも交流があるのに、なぜか富山市にはロシア料理店が知る限り1件もありません
他で食べられないなら私が作っちゃる!!

トマト味は最小限に留めてビーツの甘味と野菜のフォンの滋味を活かした優しい味です。
レシピ本ではあまり見かけませんが、ボルシチにはゆで卵が入っていて欲しいのでこっそりうずら卵も忍ばせました。これ、ちょっとしたコダワリ(笑)

CA3F0138.jpg

看板POP書くのも気合が入ってます

CA3F0129.jpg

「桜のパンナコッタ」

限界までゼラチンを減らしたやわやわのパンナコッタは、桜の儚さをイメージした口どけ。
桜の花のちょっとした塩味がアクセント。

CA3F0161.jpg

中央のが「牡蠣と菜の花のアンチョビクリームスパゲティ」

こちらは先日FAVOさんの撮影時に便乗して撮った写真。
niya*のへなちょこ技術ではこんな感じですが、カメラマンさんに撮って貰った写真はめっちゃキレイでした。

スパゲティ、この時期には毎年「牡蠣と〇〇の~」って登場する定番ですが、ちょっとほろ苦い野菜を取り合わせるとクリームのこってり感と牡蠣のうまみにとっても合います。

おすすめメニューは季節ごとに不定期に更新してるんですが、春はとにかく美味しいものが多いし旬が短いものもあるので大忙しで次のメニューも構想&試作の毎日です。

11月22日 ご予約頂いたお料理

20日のイベントでチラシを配布して頂いたのが功を奏し、久々に当店の「本格ベジタリアンコース」のご予約を頂きました。

大概女子のペアかグループでのご利用が多いのですが、ご夫婦で、ってのも最近増えてきてます。

PAP_0551.jpg

前菜盛り合わせ
 ちりめんキャベツと茸のテリーヌ
 里芋のクリスピー揚げ
 大和芋のお団子 ピーナツバターソース
 チコリのロースト オレンジソース


晩秋を意識して・・・
ちりめんキャベツは北海道産。柔らかく野菜のブイヨンで茹でてきのこたっぷりのジュレで寄せた茸を包みました。ディジョンのマスタードの酸味と茸のほのかな苦味、キャベツの甘さと食感・・・結構自信作です(笑)

我が家の里芋を使ったクリスピー揚げは、グランドメニューでも人気の一品。
あられを砕いた衣を纏った里芋は、カリカリ&ねっとり対比が面白い、酒の肴にぴったり。

大和芋は摩り下ろして一旦揚げ、ピーナツバターと味噌を合わせたソースを塗ってバーナーで焼き目を付けました。
イメージは五平餅でしたが、食感も香りもちょっと違った新しいお料理。

いつもは生で食べることの多いチコリはオレンジとハーブでマリネして、三温糖とオリーブオイルでカラメリゼ。
ほろ苦さがオレンジの香りと相まってまるでカンパリみたいな奥深い香りになるから不思議。

PAP_0550.jpg

カブのポタージュ

水は入れずに、カブの水分だけで仕上げたポタージュ。
カブの葉はピュレにして盛り付け、食べ進むごとに色合いが変わる、見た目にも楽しいスープです。
ほんの少し効かせた黒こしょうとトリュフの香りがアクセント。
使っている生クリームは豆乳由来のもので、ベジタリアンコースには無くてはならない名脇役。

PAP_0549.jpg

季節のサラダ 苺のドレッシング

サラダのドレッシングにはいつも季節の野菜や果物を使うのが定番ですが、今回はクリスマスも近いのでいちごをセレクト。
この時期のいちごは赤さのわりに甘味が少ないので、ドレッシング向きでもあります。
オリーブオイルは香りが強すぎるので、合わせるオイルはグレープシードオイル。香りも穏やかだし、淡いグリーンの色あいは苺の赤をより深く輝かせてくれます。
フレッシュのマッシュルームとスティックセニョールでクリスマスムード(笑)

PAP_0548.jpg

メインはいつもの・・・

生麩のステーキ 五郎島金時と紅玉のソース

ベジタリアンコースを考案したとき、一番悩んだのがメインに使う食材でした。
季節感が大事なコースだし、かといってそうそう出る物でもないからいつでも手に入るもので・・・とか(笑)

豆腐やら長芋やらテンペやら試してみた結果、生麩はどんな食材とも相性が良くて。かつ、濃い目のソースも受け止めてくれる食感と味わいで、今ではプレーンな生麩のステーキに季節の野菜のソース、季節の野菜のサラダを乗せる、という方向に落ち着いてます。

今回は五郎島金時(さつまいも)をピュレにして、相性の良いりんご・紅玉のピュレと交互に皿に敷きました。
れんこんチップスの歯ごたえも楽しかったと思います

実は、「生麩が苦手だったけどこれは美味しかったです」とご感想を頂いて・・・恐縮するやらなんやらかんやら・・・
苦手でしたら、仰って頂けたら他の食材でお作りしたのに・・・と思う半面、苦手だったものが美味しいものに変わった瞬間を図らずもお手伝いさせて頂けた嬉しさで感無量になる私。

〆のパスタ

PAP_0547.jpg

ピリ辛焼きたまねぎときのこのスパゲティ

オーブンでじっくり2時間焼いた玉ねぎの信じられないくらいの甘さと、カイエンヌペッパーの辛味が面白いです。
やっぱり、お客様は家庭では食べられない味、っていうのを期待して当店を予約して頂いてると思うので、たまにはこんなシンプルな素材で、なかなか家庭ではしないであろう料理法でパスタを味わっていただきました。

パスタって、イタリアンレストランでは最初のほうに出てくるのがデフォですが、酒飲みとしては最後の〆に麺類が食べたい!って思うので、うちはBARが主体ということもあってデザートの前にパスタをお出ししてます。

デザート

PAP_0545.jpg

黒胡麻ソースと柘榴を添えた豆乳のパンナコッタ

イソフラボンだし、セサミンだし、柘榴の女性ホルモンですよ~!って売り言葉を用意してたんですが、ご夫婦でしたので敢え無く引っ込めさせていただきました(笑)

でも、旦那様の方が柘榴のすごく懐かしい思い出をお話して頂いて。
子供の頃は近所にたくさん柘榴の木があったこと。酸っぱい木と甘い木があって、甘いのが当たり!!って喜んだこと・・・

輸入物のあんまり甘くない柘榴でしたが、そんな思い出を呼び覚ます力がきっと料理にはあるのですね

全部の料理を通して、本当に勿体無いくらい楽しんで頂いて、勿体無いお褒めの言葉も頂いて、おもてなしする側なのに私が大満足させて頂いた夜でした。

本当に本当にありがとうございました♪
もっともっと精進させて頂きますのでまたのご来店をお待ちしております
プロフィール
1999.3.29生まれの爺ちゃんチワワ、クライド(2015.04.03永眠)と2000.1.1生まれの婆ちゃんチワワ、ボニー(2014.10.19永眠)、生年月日不詳のmix猫のモナコおばさん、ベガスおじちゃん(2015.06.22家出)、2012.3.25生まれのどんくさいイタグレお嬢ルーナと、16歳年上の旦那様と暮らしてます。独立目指して料理人修行中。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
60860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
1990位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ。
現在の閲覧者数:
これまでのお客様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR